2017年8月10日に新宿区で行われた「第104回市民とNPOの交流サロン」において
当会久米隼理事長と原ありさ運営委員が登壇しました。

今回のサロンの内容は、『福祉の未来を総合的・多角的に考えて行動する』です。
多くの社会問題が存在しますが、解決のために
ひとりひとりの立場に立ち、自らが総合的かつ多角的視点を持つことで
未来について考え、行動をする必要があります。

・子ども虐待防止
・障害者雇用
・高齢者支援・復興支援
他団体と連携をするなどして様々な方向から
「考え・行動する」という意味を考察し、未来へアクションを起こしていく大切さについて皆さんと意見交換をしました。
参加して頂いた皆様ありがとうございました。

 
【 第104回“市民とNPOの交流サロン” 】
 ■ 開催日:2017年8月10日(木)18:45~20:45
 ■場所:新宿NPO協同推進センター
 4階401会議室(新宿区高田馬場4-36-12)
 ・JR山手線、西武新宿線
 東京メトロ東西線「高田馬場駅」徒歩15分
 ・都営バス「小滝橋車庫前」もしくは
 関東バス「小滝橋」下車徒歩4分
 ■定員:20名程度
 ■参加費:1,000円
 ■主催問い合わせ&申込先:新宿NPOネットワーク協議会
 電話:03-5206-6527 FAX:03-5386-1318
 E-mail:hiroba@s-nponet.net
パンフレットは下記からダウンロードできます

【 第104回市民とNPOの交流サロン 】