NPO法人全国福祉未来ネットワークでは,平成27年9月12日(土)に東京・飯田橋の神楽坂Human Capital Studioにて「第3回 子ども虐待を考えよう!未来を担う若者会議」を開催いたしました。

若者を中心に多くの方にお越しいただき,総動員数は76名となりました。

今年は、過去最多の7つの分科会にわかれたディスカッションを実施するなど盛大に行われました。
過去最年少の小学生の参加者もあり,さらに幅広い年齢層の方にご参加いただき,「これからもこの問題について考えていくきっかけとなった」「社会人と学生が一緒に話すことで,新しい情報が得られた」などの感想もお聞きすることができました。

これから親となる,そして社会をつくる立場となる若者が何をすべきかを考えること自体が,子ども虐待防止の第一歩となります。
当団体では,このイベントを子ども虐待の防止にむけた「ネットワークづくり」に位置づけています。
ぜひ,ご参加いただいたみなさまにおかれましては,「子ども虐待」の問題をおひとりでも多くの方にお伝えいただきたいと思います。

「未来について考えて、行動する。」
ネットワークの構築はこれからが本番です。

今後も全国福祉未来ネットワークでは,子ども虐待防止啓発活動を行っていきます。
ぜひ引き続き当団体の活動にご参加いただければ幸いです。
みなさまのご参加ありがとうございました。

※イベントの詳細についてはこちらをご覧ください。

wakamono2015_1 wakamono2015_2