子ども・子育て支援新制度が2015年4月から本格始動するのを前に,内閣府主催でシンポジウムが3月3日東京都港区で開催されました。

当法人より粟飯原裕来(本部事務局次長)が出席し,質問をしたところ,数多くある質問の中から選ばれ,パネリストからご回答をいただきました。
質問は「未来について,考えて,行動したい時,10代20代の若者世代に出来ること,やってほしいことは何でしょうか。」
当法人のMissionは「未来について考えて,行動するネットワークの構築」であり,今回の得られた回答は非常に貴重なものであります。

【コーディネーター】
宮島 香澄 氏 (日本テレビ報道局解説委員)
【パネリスト】
尾木 直樹 氏 (教育評論家/法政大学教職課程センター長・教授)
中橋 恵美子氏 (NPO法人わははネット理事長)
本庄 美佳 氏 (一般社団法人日本経済団体連合会/女性の活躍推進委員会子育て支援部会委員)
山崎 泰彦 氏 (社会保障制度改革推進会議委員/神奈川県立保健福祉大学名誉教授)

ご回答いただいたコメントはMSワードで文字に起こしました。
子ども・子育て支援新制度シンポジウム抜粋 よりダウンロードしてください。

シンポジウムの報告については,下記内閣府サイトよりご確認ください。
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/event/symposium/2014/tokyo/info.html