NPO法人全国福祉未来ネットワークでは,本日より,9月12日開催「第3回 子ども虐待を考えよう!未来を担う若者会議」の申込み受付を開始しました。

若者会議は,これから親になる若者と,若者の活動を支える幅広い世代が,学生・社会人の壁を越え,それぞれの立場から子ども虐待について考えることを目的としています。
また,今回は子ども虐待の現状だけでなく,7月1日よりスタートした全国共通の児童相談所へつながる短縮ダイヤル「189(いちはやく)」について,その後の現状や課題について学ぶことも目的の一つです。

<概要>

「第3回 子ども虐待を考えよう!未来を担う若者会議」
日 時:平成27年9月12日(土)13:00~18:30(12:30受付開始)
会 場:神楽坂Human Capital Studio
主 催:特定非営利活動法人全国福祉未来ネットワーク
共 催:認定特定非営利活動法人児童虐待防止全国ネットワーク

<内容>

①基調講演 テーマ「通告の重要性と若者にできること」

今年は児童相談所関係者による基調講演を予定しております。

②アイスブレイク
③分科会ー全7つのテーマからお選びいただけます.

分科会にわれて,一つの分野・テーマについて意見交換やワークショップをとおして理解を深めます。閉会時に,他の分科会で話し合った内容も共有し合い,子ども虐待防止にむけて総合的に考えていきます。

分野
A 相談・通告分野 E 未来デザイン分野
B コミュニケーション分野 F 学生活動分野
C 医療分野 G 母子保健分野
D ライフデザインとキャリア分野

 

詳細はこちらから ⇒ 第3回子ども虐待を考えよう!未来を担う若者会議

 

 

【主催】
NPO法人ロゴ

【共催】
認定特定非営利活動法人児童虐待防止全国ネットワーク
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」